[ニュース]

トヨタ自動車が燃料電池自動車の5,680件の特許を無償公開へ

2015/01/08
(木)

トヨタ自動車は、世界初の燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」の発売に続いて、新年早々の2015年1月6日、燃料電池自動車(FCV)の普及に向けて、トヨタが単独で保有している世界で約5,680件(表参照)の燃料電池関連の特許(審査継続中を含む)の実施権を無償で提供する、と発表した。

これは、米国ラスベガスで開催されているCES(コンシューマエレクトロニクスショー、2015年1月6日~9日)でも発表されたが、異例な特許公開とあって、世界的に大きな注目を集めた注1

今回の発表は、燃料電池自動車の導入初期段階においてその普及を優先課題とし、今後、開発や市場導入を進める自動車メーカーや水素ステーション整備を進めるエネルギー会社などと協調し、新市場を早急に創出する戦略に基づいたものとなっている。

今回の発表が、自動車業界の次世代の新ビジネスを拓くトリガーとなるか、国際的な熱い視線が集まっている。

表  トヨタ自動車の特許実施権の無償提供の具体的な内容

〔出所 2015年01月06日付http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/4663446/


▼注1
http://pressroom.toyota.com/releases/toyota+fuel+cell+patents+ces+2015.htm

 

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...