[トピックス]

FIT運用見直しの「新ルール」提示される

2015/01/29
(木)

経済産業省資源エネルギー庁は、太陽光など再エネの買い取りについて、北海道、東北、四国、九州、沖縄電力の接続保留問題について対応策を検討してきたが、2014年12月18日、再エネの導入量を増やすため、新しい出力制御のもとでの再エネ導入システムへの移行(表参照)、およびFIT(固定価格買取制度)の運用見直しについてとりまとめ発表した。

経済産業省資源エネルギー庁は、太陽光など再エネの買い取りについて、北海道、東北、四国、九州、沖縄電力の接続保留問題について対応策を検討してきたが、2014年12月18日、再エネの導入量を増やすため、新しい出力制御のもとでの再エネ導入システムへの移行(表参照)、およびFIT(固定価格買取制度)の運用見直しについてとりまとめ発表した。

表 電力各社の接続可能量、接続申込量の状況について

表 電力各社の接続可能量、接続申込量の状況について

〔出所 http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150122002/20150122002-3.pdf

FITの新ルールと運用見直しは、

  • 新たな出力制御ルール:出力抑制対象設備の拡大・時間単位での出力制御、
  • 電力会社ごとの対応方針:指定電気事業者制度の活用、
  • 買取価格の決定時期:接続申込時から接続契約時へ、
  • 再エネ導入拡大策:蓄電池の導入支援・送電網の増強、

など。

 

 その後、2015年1月22日に省令改正が行われ、1月26日より施行される(http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150122002/20150122002.html )。新ルールの決定を受け、接続保留をしている電力会社は、受け入れを再開する見通しである。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...