[トピックス]

COP21、2020年以降の新たな国際的枠組み「パリ合意」への期待

2015/11/30
(月)
SmartGridニューズレター編集部

 2015年11月30日〜12月11日、フランス・パリにおいて、COP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)が開催される。同会議は、2020年以降の新しい温暖化対策の国際的な枠組みの決定を目指すもので、すべての国がどのような内容に合意していくのか、京都議定書(1997年)に続く会議として注目されている。

 2014年のCOP20会議(ペルー・リマ)では、COP21の開催までに、各国が約束草案(INDC:Intended Nationally Determined Contributions)を国連気候変動枠組条約事務局に提出することが決定された(表参照)。このINDCが合意のカギを握っているといえる。

 日本は、2030年度に温室効果ガスを26%削減(2013年比)する草案を提出しているが、特に家庭部門のCO2については約40%の削減目標を掲げている。

 地球温暖化対策においては、各国の事情もあるところから、すべての国の合意点を模索する難しさはあるが、避けては通れない喫緊の課題なのである。

表 各国の温室効果ガス削減目標(注)

表 各国の温室効果ガス削減目標(注)

出所 全国地球温暖化防止活動推進センターの資料をもとに作成、http://www.jccca.org/trend_world/conference_report/cop21/

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...