[新春特別レポート]

デマンドレスポンスへの取り組みと価格弾性、HEMS機能─後編─

─NEDOの米国ニューメキシコ州のマイクログリッド─
2013/02/01
(金)

NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、2012年5月に完成した同州アルバカーキ市実証サイト(スマートビル)に続いて、ロスアラモス郡実証サイトを同年9月に完成させ、本格的なマイクログリッドの実証実験を開始している。前編(2013年1 月号)では、ロスアラモス郡実証サイトに設置した最新の「スマートハウス」実証実験の内容を中心に紹介した。後編では、電力市場における価格弾性の重要性やデマンドレスポンスへの取り組み、求められるHEMS 機能などを含めて紹介する。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...