[クローズアップ]

OSGi対応のHEMSやサービスゲートウェイが相次いで登場!

―「OSGiユーザフォーラムJapan 第7回ワークショップ」が開催 ―
2013/07/01
(月)

スマートハウスを構築する際に、エネルギー管理や制御を行うシステムや商品として「HEMS」という言葉とその対応製品が各社より市場投入されている。このため、市場では「HEMS」はかなり定着しているが、今後は、このHEMS製品をスマートマンションや街づくりの中で活用する方向に進んでいる。しかしさまざまな機器の接続や制御を行い、円滑なサービス実現するためのプラットフォームは、現在、存在しておらず、検討する必要がある。このための中核技術の1つとして「OSGi」(Open Service Gateway Initiative)がある。ここでは、2013年5月29日にOSGi ユーザーフォーラムJapan の主催で2013年5月29日に開催された「OSGi ユーザフォーラムJapan 第7回ワークショップ」で発表されたOSGi の役割と展望についてレポートする。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...