[クローズアップ]

PG&Eの自動デマンドレスポンス・インセンティブプログラムが間もなくスタート!

2013/09/01
(日)

去る7月30日、「Automated Demand Response (ADR) Vendor Update」と題するワークショップが、サンフランシスコのPG&E Energy Service Center において開催された。これは、カリフォルニア州の3大私営電力会社の1つであるPG&Eで来年度新たに開始される、OpenADR 2.0ベースの自動デマンドレスポンス(ADR)のインセンティブプログラム(参加奨励制度)のベンダ向け説明会であった。ここでは、今回ワークショップで説明されたPG&EのADRインセンティブプログラムの紹介とともに、このプログラムへの参加者向けにPG&Eが提供するDRプログラムの概要を説明し、さらに、PG&EがADRを実運用するにあたって非常に重要な役割を果たすDCT(DRAS Client Technician)について紹介する。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...