[クローズアップ]

NTTが自動デマンドレスポンス用プラットフォームを開発

― 国際標準規格OpenADR 2.0 Profile Aの認定を取得し実証実験にて展開 ―
2013/10/01
(火)
SmartGridニューズレター編集部

日本電信電話(NTT)は、2013年7月4日、同社が開発したスマートコミュニティ・プラットフォームにおいて、日本で初めて、自動デマンドレスポンス(ADR:Automated Demand Response)の国際標準規格であるOpenADR Profile Aの認証を取得した。このプラットフォームは、早稲田大学 先進グリッド技術研究所 新宿EMS実証センターの日本版ADRの実
証実験システムに採用され、日本版ADR標準化手法の検証が行われる。
スマートコミュニティ・プラットフォームとはどのようなものだろうか?実際のデモの様子とともに、その技術的な内容とサービスイメージについて、NTTネットワーク基盤技術研究所 ネットワーク技術SEプロジェクト主幹研究員 田路 龍太郎氏にお聞きした。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...