[スペシャルインタビュー]

国際標準である「KNX」がいよいよ日本市場へ進出

KNX 協会会長 Heinz Lux(ハインツ・ラックス)氏に聞く!
2014/01/01
(水)

欧州発の住宅(家庭)とビルのエネルギー機器を制御できる規格「KNX」が、2014年2月27日、その普及促進のための組織“KNX National Group Japan” を設立する。日本ではECHONET Lite、米国ではSEP 2 については耳慣れているが、ISO/IEC の国際標準となっているKNXについては、その詳細は日本ではあまり知られていないのが実情だ。
KNX National Group Japan の設立に先駆けて2013年10 月24日、横浜ベイホテル東急で“KNX National Group Japan Kick-Off meeting” が開催された。KNXは果たしてどのようにして日本市場に食い込んでいくのか、この機会に、KNX協会会長のLux 氏に、KNXの詳細や日本市場への取り組みをお聞きした。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...