[特別レポート]

けいはんなデータセンターにおける 新世代のエネルギー制御システム

― エネルギー管理制御(DEMS)でデータセンター全体の消費電力を最適化 ―
2014/02/01
(土)

2013 年10 月1日、ATR内に、けいはんなデータセンターが構築された。同データセンターは、環境省の「平成25年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」として、2013年7月15日~ 2016年3月31日までの約3年間で6.9億円(計画額)をかけて実施されるもの。同センター独自のICT 機器からの発熱を3つのアイル(通路)で段階的に上げて排熱利用していく配置を施すなど、ユニークなシステム構成となっている。さらにDEMS(エネルギー管理制御)とVM(仮想化技術)との連携を図った新しい技術開発も進めている。同センターの知見が新時代のデータセンターシステム運用のあり方のヒントとなると期待できる。なお本記事は、大阪大学サイバーメディアセンター 松岡茂登教授への取材をもとにまとめたものである。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...