[東京電力 カスタマーサービス・カンパニー・バイスプレジデント 佐藤梨江子氏に聞く!]

東京電力 カスタマーサービス・カンパニーバイスプレジデント 佐藤梨江子氏に聞く! 総合エネルギーサービス企業へ脱皮する 東京電力の電力小売全面自由化への戦略《後編》

2016/04/01
(金)
SmartGridニューズレター編集部

いよいよ2016年4月1日から電力小売全面自由化がスタートする。
日本最大の電力会社である「東京電力」は、同自由化に備えた新体制とともに、4月1日から提供する具体的なサービスメニューと料金体系を次々に発表している。さらに2017年4月に予定されているガスの小売全面自由化後のガス市場への参入も表明し、電力企業から総合エネルギーサービス企業へと脱皮しようとしている。
前編(2016年3月号)では、新生「東京電力」の新体制とそれぞれの役割、中部電力と共同で設立した燃料・火力発電事業会社「JERA」(ジェラ)の設立の背景などについて解説した。後編では、同社のガス市場や新たなエリアでの販売戦略と今後のロードマップについて、東京電力(株) 執行役員 カスタマーサービス・カンパニー バイスプレジデント 佐藤 梨江子氏にお聞きし、紹介する。(聞き手:インプレスSmartGridニューズレター編集部)

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...