[特別レポート]

IVI(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ)が次世代工場(ものづくり)の公開シンポジウム2016-Spring-を開催!

― 20個のワーキンググループから製造業200社が発表 ―
2016/04/01
(金)
SmartGridニューズレター編集部

 国際的な第4次産業革命への取り組みが急展開し、ドイツのIndustrie 4.0、米国のIICなどが先行するなか、日本でもいよいよ本格的な取り組みが開始され、ダイナミックに動き出した。 日本では、「IoT推進ラボ」や「ロボット革命イニシアティブ協議会」(RRI)と連携して、新たに“ゆるやかな標準”による製造業の次世代ネットワークづくりを目指す「IVI」(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ)が、先行する欧米に対抗できる体制を構築し始めている。
 ここでは、去る2016年3月10日に開催された「IVI公開シンポジウム2016 - Spring -日本のものづくりの未来を拓く!」(注1)(於:東京・虎ノ門ヒルズフォーラム、参加者450名。写真1)の取材を元に、最新動向をレポートする(注2)。

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...