[トピックス]

米ニューメキシコ州でのスマートグリッド実証事業が終了

2014/08/01
(金)

6月11日、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、日米共同プロジェクトとして、2009年度から米国ニューメキシコ州で取り組んできたスマートグリッド実証事業の終了を発表した。この実証事業は、NEDOの「スマートコミュニティ海外実証プロジェクト」の第1号で、ニューメキシコ州内のロスアラモス郡とアルバカーキ市の2つサイトにおいて、米連邦政府エネルギー省傘下のロスアラモス国立研究所およびサンディア国立研究所などと協力して行ったスマートグリッドの共同プロジェクト。大量の再生可能エネルギーを配電系統に導入した場合の課題解決などを目的に、日本のスマートグリッド関連技術を実証し、一定の成果を得たとしている。

6月11日、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、日米共同プロジェクトとして、2009年度から米国ニューメキシコ州で取り組んできたスマートグリッド実証事業の終了を発表した。

この実証事業は、NEDOの「スマートコミュニティ海外実証プロジェクト」の第1号で、ニューメキシコ州内のロスアラモス郡とアルバカーキ市の2つサイトにおいて、米連邦政府エネルギー省傘下のロスアラモス国立研究所およびサンディア国立研究所などと協力して行ったスマートグリッドの共同プロジェクト。大量の再生可能エネルギーを配電系統に導入した場合の課題解決などを目的に、日本のスマートグリッド関連技術を実証し、一定の成果を得たとしている(表参照)。

表 米ニューメキシコ州で行われたスマートコミュニティ実証プロジェクトの概要

表 米ニューメキシコ州で行われたスマートコミュニティ実証プロジェクトの概要

〔出所 http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100277.html

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...