[トピックス]

2016年度冬季電力需給見通し、全エリアで予備率3%以上を確保可能

2016/11/10
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

 経済産業省は、2016年度夏季の電力需給実績および2016年度冬季の電力需給見通しの検証結果等を取りまとめた報告書を発表した。その中で、2016年度冬季の電力需給の見通しは表に示す通り。

 2016年度冬季の電力需給見通しは、2011年度冬季並み(北海道エリアについては更に厳寒であった2010年度並み、東北および東京エリアについては2013年度並み、沖縄エリアは2015年度並み)の厳寒となるリスクを織り込んだうえで、すべてのエリアにおいて電力の安定供給に最低限必要な予備率3%以上を確保できる見通しとしている。

表 2016年度厳寒H1需要発生時の需給バランス

表 2016年度厳寒H1需要発生時の需給バランス

出所 http://www.meti.go.jp/press/2016/10/20161025003/20161025003-1.pdf

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...