[特集]

M2M/IoT時代に対応するWi-Fiファミリーの新規格「IEEE 802.11ah」(Wi-Fi HaLow)標準とそのユースケース

2016/12/13
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

IEEE 802.11ahは、LPWAネットワーク(非セルラー系の規格)の1つとして登場し、間もなく標準化が2016年12月に完了予定である(注1)。IEEE 802.11ahは、Wi-Fiファミリーの新規格ではあるが、従来のWi-Fiに比べて低速ながら、屋内でも屋外でも使用できるLPWA(省電力型広域無線網)ネットワークである。ここでは、IEEE 802.11ahの標準化活動で活躍されているシュビキスト・テクノロジーズ・ギルド代表の島田 修作(しまだ しゅうさく)氏への取材をもとにレポートする。

関連記事
新刊情報
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...
1990年代後半から韓国、中国、台湾、インドなどのアジア勢の急速な台頭によって、日米欧の製造業における国際的な競争力は相対的に低下し、袋小路に入ってきている。このため、国際的に急速に普及してきた、モノ...