[クローズアップ]

「SIGFOX」によるLPWAサービスが日本でもスタート!

― KCCSがIoTに特化し年間100円の通信料金で実現へ ―
2017/02/05
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

いよいよ日本でも、注目されているIoT向けに特化したLPWAサービスが開始される注1。まさに「LPWA元年」である。日本のトップバッターとして、京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、KCCS)が、フランスのSIGFOX(シグフォックス)社が提供するIoTネットワークを、2017年2月から東京都内23区を皮切りに、順次サービスを開始する。
1回線(1デバイス接続)の通信料金が「1年間でわずか100円」から可能とあって、そのインパクトは大きく、すでに全世界29カ国、人口4.5億人をカバー(2017年1月時点)するサービスが展開されている。ここでは、「KCCS IoT Conference」(2016年12月13日、於:東京・日本橋)における取材をベースにレポートする。

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...