[トピックス]

「VPP実証事業」第1年(2016年)度の成果報告書が公開!

2017/05/11
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

 2017年4月11日、一般財団法人エネルギー総合工学研究所は、経済産業省が2016〜2020年度の5カ年計画で推進しているVPP(バーチャルパワープラント)実証事業に関する、第1年(2016年)度の成果報告書(概要版)を発表した。

 VPPとは、太陽光、蓄電池、電気自動車、エネファーム、ネガワットなど、需要家側のあらゆる分散エネルギー資源を、IoTを活用して統合し、遠隔制御することによって、あたかも1つの発電所のように機能させる仮想発電所のことである。

 同実証事業は、2020年に50MW以上のVPPの実現を目標にしており、第1年度は29.5億円の予算で実証事業が行われた。第2年度は40億円の予算のもと公募が行われている。

 表1に、「VPP構築実証事業」の成果報告書(概要版)の一覧を、表2に、そのうちのバーチャルパワープラント構築事業の7つのプロジェクトについて示す。各内容は、ダウンロード可能であるので参照していただきたい。

表1 平成28(2016)年度「VPP構築実証事業」の成果報告書(概要版)

表1 平成28(2016)年度「VPP構築実証事業」の成果報告書(概要版)

出所 https://www.iae.or.jp/2017/04/11/vpp-report-fy28/

表2 バーチャルパワープラント構築事業の7つプロジェクトの成果報告書(概要版)

表2 バーチャルパワープラント構築事業の7つプロジェクトの成果報告書(概要版)

出所 http://www.iae.or.jp/2017/04/11/vpp-report-fy28/

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...