[スペシャルインタビュー]

東京ガス 事業計画グループ 戦略統括チームリーダー 小屋 かをり氏に聞く!東京ガスの「電気+ガス」総合エネルギー戦略

― チャレンジ2020ビジョンの実現に向けた新サービスの全容 ―
2017/07/27
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

2016年4月の電力小売全面自由化に続いて、2017年4月からガスの小売全面自由化がスタートした。その結果、日本でも総合エネルギー市場が誕生し、エネルギー大競争時代に突入した。登録済みのガス小売事業者は全国で1,417社(2017年6月2日時点[注1])となり、すでにスイッチング申込件数(注2)は、全国で約24万件(2017年6月2日時点)に達している。
東京ガス株式会社は、「チャレンジ2020ビジョン」のもとにIoTを駆使し、環境に配慮しながら、新たな総合エネルギー市場で、相次いで新料金メニューや新サービスを展開している。同社 事業計画グループ 戦略統括チームリーダー 小屋 かをり(こや かをり)氏に、同社の「電気+ガス」総合エネルギー戦略をお聞きした。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...