[トピックス]

経済産業省、12個の「スマートコミュニティ事例集」を公表

2017/07/27
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

経済産業省は、スマートコミュニティの普及に向けて、先行事例の中から、事業概要などをまとめた「スマートコミュニティ事例集」を作成し、2017年6月23日、公表した。

 スマートコミュニティとは、さまざまな需要家が参加する一定規模のコミュニティの中で、再エネやコージェネシステムといった分散型エネルギーを用いつつ、IoTや蓄電池制御などの技術を活用したエネルギー管理システムを通じて、地域のエネルギー需給を総合的に管理しエネルギーの利活用を最適化するとともに、高齢者の見守りなど他の生活支援サービスも取り込んだ新たな社会システムである。

 スマートコミュニティについては、これまで多様な実証事業などが進められてきたが、構築するうえでのいくつかの課題も見えてきた。その課題の1つとして、事業の構成要素が多いうえに、それらの関係性が複雑であるため、「全体像が描きにくい」「事業計画を立てづらい」という点が挙げられている。そこでこの度、スマートコミュニティの先行事例の中から、今後のスマートコミュニティ構築にあたって参考となる「12個の事例」(表参照)が選出され、公表された。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...