[特集]

200GWの導入を目指す太陽光発電の「2050年長期ビジョン」

― 太陽光発電協会が公開! 2019年問題と2032年問題にも言及 ―
2017/08/10
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

太陽光発電協会(JPEA)(注1)は、2017年7月3日、2050年に200GW(200ギガワット〔注2〕)の太陽光発電の導入を目指す2050年長期ビジョン『JPEA PV OUTLOOK 2050 〜太陽光発電2050年の黎明〜』を公開した(注3)。
世界の再エネ発電分野への投資は、2015年に従来の化石燃料による発電事業の投資を上回り、なかでも太陽光発電の導入については、国際的にも加速度的に拡大を続けている。これを後押ししているのは、2015年12月にCOP21で採択された「パリ協定」の実現に向けた、温室効果ガス(CO2)削減(低炭素化・脱炭素化)の国際的な流れである。さらに、日本のエネルギー自給率は現在わずか6%と低くく、自給率向上の面からも、燃料費ゼロの太陽光発電などによる再エネ発電への取り組みが急がれている。
ここでは、2050年に太陽光発電200GW導入の可能性を見ていきながら、2019年問題、2032年問題や、今後の新しいビジネスチャンスについて解説する。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...