[トピックス]

予算40億円! 2017年度の「VPP構築実証事業」公募結果発表される

2017/08/10
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

 エネルギー総合工学研究所(IAE)と環境共創イニシアチブ(SII)は、2年目を迎えた2017年度の「VPP構築実証事業」について、2017年4月に実施した公募の結果を発表した。

 エネルギー総合工学研究所(IAE注1)と環境共創イニシアチブ(SII注2)は、2年目を迎えた2017年度の「VPP構築実証事業」注3について、2017年4月に実施した公募の結果を発表した。

 公募内容は、表に示す通り、A、B、C、Dの4事業があり、それぞれ採択および登録された。

(1)A事業(VPP構築実証事業):6件を採択

(2)B事業(リソースアグリゲーター事業):全35社を登録

(3)C事業(VPPリソース導入促進事業):蓄電池やPCS等の導入支援事業

(4)D事業(VPP基盤事業):2件を採択

 2017年度の予算は40億円と、初年度2016年度の29.5億円を大幅に増額して取り組まれる。初年度の結果からさらに踏み込んだ実証事業の成果に期待したい。

表 2017年度「VPP構築実証事業」の内容(予算40億円)

表 2017年度「VPP構築実証事業」の内容(予算40億円)

A事業、D事業の具体的な内容(社名等)
※※B事業、C事業の具体的な内容(社名等)
出所 https://sii.or.jp/vpp29/


注1 IAE:Institute of Applied Energy、一般財団法人 エネルギー総合工学研究所

注2 SII:Sustainable open Innovation Initiative、一般社団法人 環境共創イニシアチブ

注3 平成29年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...