[ニュース]

ゼネテック、カフェテリア式M2Mクラウドプラットフォーム「Surve-i」を発表

2014/11/18
(火)
SmartGridニューズレター編集部

株式会社ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野 憲二、以下「ゼネテック」)は、カフェテリア式M2Mクラウドプラットフォーム 「Surve-i」の提供を開始した。

「Surve-i」の最大の特長は提供形態にあり、製品やサービスを自由に選択できるカフェテリア式であるため、自社のシステムの環境に応じて最適化させて利用することが可能となる。「Surve-i」の利用によって、これまで多くのリスク要因を見越したうえでの事業計画の立案を余儀なくされることが多かったM2Mクラウドシステムを、より容易に、より安全に、より経済的に実現する。

■Surve-iのラインナップ

Surve-i Cloud M2M クラウドサービスの総称
Surve-i Monitor M2M クラウド上の監視、制御システム
Surve-i Enterprise 大規模ネットワーク向けのオンプレミス(On-Premises)システム
Surve-i Router 3G(4G)ルータ製品
Surve-i Embedded アプライアンス、サーバ搭載用のバイナリあるいはソースコードのソフトウェア提供
Surve-i Appliance Surve-i Embedded 組込みの小型通信機器(パートナとの協業)

 

■Surve-i Monitor について

1. 監視設定機能

  • センサの登録・編集
  • 監視タイプの登録・編集:アクティブ(能動),パッシブ(受動)
  • 監視間隔の登録・編集:固定,可変(同一状態にある間は間隔を広げる)
  • 閾値の登録・編集:静的(値),動的(平均値±α)

2.通知機能

  • 監視結果数値の表示/グラフ
  • メール通知

3.管理機能

  • 操作者のアカウント・権限管理
  • 使用メールサーバの登録・編集

 

■Surve-i Router について
ゼネテック Surve-i Routerは、24時間 365日無人環境での稼動を前提に設計された M2M向けの3G回線を活用した通信機器製品である。ラインナップは以下の通り。

  • HSPA450C-UA: ソフトバンクモバイル回線向け高速DL/UL対応高機能ルータ
  • HSPA450C-UJ: NTT ドコモ及び MVNO 回線向け高速DL/UL対応高機能ルータ
  • SDPA260C-A: ソフトバンクモバイル回線向け高速DL対応高機能ルータ、シリアルIF付
  • HSDPA260C-J: NTT ドコモ及び MVNO 回線向け高速DL 対応高機能ルータ、シリアルIF付
  • miniPCIe 200M: NTT ドコモ及び MVNO 回線向け高速 3G 対応 miniPCIe
  • miniPCIe 270M:ソフトバンクモバイル回線向け高速 3G 対応 miniPCIe

■リンク
株式会社ゼネテック
ニュースリリース

▼注
オンプレミス(On-Premises)システム:自社設備で運用するシステムのこと。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...