[ニュース]

Yahoo! JAPAN、IoT(Internet of Things)事業者に向けた開発支援プラットフォームサービスを来春より提供開始

2014/12/04
(木)
SmartGridニューズレター編集部
ヤフー株式会社(東京都港区赤坂、代表取締役社長:宮坂 学、以下Yahoo! JAPAN)は、IoT事業者の開発を支援するプラットフォームサービスの提供を来春より開始する。
 
IoT(Internet of Things)分野は、広範囲に新しいサービスや価値を創出するとして注目されており、2020年には世界のIoT市場規模は約350兆円に拡大し、対応する端末は300億デバイス※注1にもなると言われている。
 
しかし、IoT製品を生み出すには、ウェブサービスの開発や連携、サーバー構築や運用など、ハードウェア開発以外の多様な技術開発が必要となり、スムーズな製品開発や新規事業者の参入に対する障壁となっている。
 
同プラットフォームでは、主にIoT製品のハードウェア事業者に向けて、製品とウェブサービスの連携をしやすくなるよう、さまざまなサービスやAPIを公開し、提供を予定。これにより大手メーカーからスタートアップ企業まで、多くの事業者の製品開発や新規参入を支援し、IoT分野のさらなる発展に貢献してゆくとする。
 
公開されるAPIは、Yahoo! JAPANの各種サービスだけでなく、国内外の多くのインターネット事業者からも協力を募り、オープンにインターネットにつながる製品とサービスが集まるプラットフォームを目指す。

さらに、Yahoo! JAPANは、ワイモバイル株式会社とも連携し、同プラットフォームを活用したIoT製品のワイモバイルショップでの販売や、ワイモバイルのネットワークを使ってIoT製品をインターネットに接続しやすくするなど、開発面以外でも事業者をサポートできる仕組みを提供する予定。


▼注1
IDC Japan株式会社「世界IoT(Internet of Things)市場予測を発表」

■リンク
Yahoo! JAPANプレスリリース
 

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...