[ニュース]

トヨタ自動車、燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」発売

2014/12/15
(月)
SmartGridニューズレター編集部

トヨタ自動車株式会社(以下:トヨタ、愛知県豊田市トヨタ町、代表取締役社長:豊田 章男)はセダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV:Fuel Cell Vehicle)「MIRAI(みらい)」を2014年12月15日(月)に発売した。価格は、723万6,000円(税込)。

ミライは水素と酸素を化学反応させて電気を作る燃料電池を搭載し、その燃料電池で作られた電気でモーターを駆動させる燃料電池自動車。走行中にCO2など環境負荷物質を排出しないで走行できることが大きな特徴である。

燃料となる水素を補給する「水素ステーション」の所在数が限られるため、当面は東京、名古屋、大阪、福岡の4都市圏を中心とした販売に限られる。しかし、すでに全国での受注数は1,000台にのぼり、年間生産予定数の700台を越えている。

「MIRAI」は、2015年夏以降に欧米での輸出も予定されており、トヨタでは2015年末までの生産台数を2,000台程度に引き上げる方針。


■リンク
toyota.jp MIRAI
トヨタ、新型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を12月15日に正式発売、723万6000円 - Car Watch

■画像出所
トヨタ自動車サイトより(http://toyota.jp/mirai/001_p_001/concept/concept/

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...