[ニュース]

イードリーマー、太陽光発電所の現金化サービスをリニューアルオープン

2015/02/19
(木)
SmartGridニューズレター編集部

株式会社イードリーマー(以下:イードリーマー、東京都渋谷区、代表取締役:山下亮)は、昨年6月に運営を開始した中古太陽光発電所を流通させるサービス「SOLxSELL」(ソルセル)をリニューアルオープンした。

同サービスはオープン半年で30件以上の発電所売買を成立させており、サービスの流通総額は約15億円に達している。今期は流通数をさらに拡大させ流通総額50億円を目指す。

現在は個人や中小企業からのミドルソーラー(50kw程度)の流通がメインとなっているが、今後は、中古メガソーラーの流通も視野に入れており、メンテナンスの委託先の紹介や保険会社の斡旋なども可能な体制を整えている。

今回のリニューアルでは、購入希望者(投資家など)の情報登録を可能にし、よりスピーディーにマッチング・決済を可能とした。また、実績や利用者の声なども紹介し市場の活性化を促すとともに、安心して相談できる仲介サービスの発展を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■リンク
イードリーマー
SOLxSELL(ソルセル)

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...