[ニュース]

アンリツ、LTE-Advancedの下り4x4MIMO通信に成功

2015/04/13
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2015年4月13日、アンリツ株式会社(以下:アンリツ、神奈川県厚木市、代表取締役社長:橋本 裕一)は、LTE-Advanced※1で規格化されている「4x4 Multiple Input Multiple Output」(以下:4x4 MIMO)※2機能の下り(基地局から端末方向)通信において、韓国のチップセットベンダであるGCT Semiconductor社と共同検証を実施し、業界で初めて、下り300Mbpsの安定したデータ通信に成功した事を発表した。

 参考画像

LTE-Advancedの高速化技術には、帯域幅を増やし最大通信速度や平均通信速度を高速化するキャリアアグリゲーション機能に加え、アンテナ数を増やして下り300Mbpsの通信速度を実現する4x4MIMO機能の開発が進められている。4x4MIMO機能は帯域幅を増やす必要がないため周波数利用効率に優れていることから、今後の導入が期待されている。

アンリツは、すでにキャリアアグリゲーション機能において、シグナリングテスタMD8430Aとラピッドテストデザイナー(RTD)を組み合わせた基地局シミュレータを提供しており、今回はGCT Semiconductor社と4x4MIMO機能の共同検証を実施した。
MD8430A/RTDとGCT Semiconductor社の4x4MIMO対応チップセットを用いて検証を行った結果、下り300Mbpsの安定したデータ通信に成功したことを確認した。


※1:LTE-Advanced
世界規模で普及しているLTE(Long Term Evolution)をさらに高速化し、将来的には静止/低速移動時で最大1Gbps、高速移動時で最大100Mbpsの高速データ通信を目指している移動通信システム。

※2:4x4Multiple Input Multiple Output(4x4MIMO)
MIMOは複数アンテナを使用して同時にデータを送受信し、データ通信の高速化を図った技術のこと。4x4MIMOは、送信用、受信用で各4本のアンテナを使用したもの。

■リンク
アンリツ

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...