[ニュース]

日本システムウエア、エネルギー管理システムの商用ビルなど向けBEMSサービスを開始

2015/05/11
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2015年5月11日、日本システムウエア株式会社(以下:NSW、東京都渋谷区)は、5月よりエネルギーマネジメントシステム「ENESMA(エネスマ)シリーズ」のサービスラインナップを拡充し、商用ビルや商用店舗向けのエネルギー管理システム「ENESMA BEMS Suite」の提供開始を発表した。

2013年5月に同社が提供を開始したENESMAは、「特定メーカーや規格などに縛られない相互接続性の高いエネルギーマネジメントシステムの実現」をコンセプトに、ECHONET Liteに準拠した家電製品や設備機器を宅内や外出先からスマートフォンやタブレット端末を用いて制御し、電力使用量などをリアルタイムでモニタリングするソリューションである。

今回発表された「ENESMA BEMS Suite」は、これまでのENESMAコンセプトを踏襲しながら、商用ビルや商業施設に特化した電力消費量予測、エネルギーの見える化、遠隔制御機能を実装したシステムを提供する。

特に、温湿度や照度などの各種センサーとの連携によって施設内環境の最適制御が可能であり、施設利用者の快適性を損なうことなくピークカット、省エネを実現する。さらに、これらの機能をクラウドと連携することで、単一施設から複数施設までを共通のシステムで管理できるスケーラビリティを備えている。

また、同ソリューションでは、NSWのM2M/IoTプラットフォーム「Toami」との連携によって、システム構築にかかるコストと導入までの期間を大幅に短縮でき、BEMSの導入をよりスピーディーかつ柔軟にサポートするとしている。


■リンク
NSW

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...