[ニュース]

富士通研究所、5G向けにミリ波ビーム多重化による4ユーザーのマルチアクセスと12Gbpsの通信速度を達成

2015/06/09
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2015年6月10日、株式会社富士通研究所(以下:富士通研究所、神奈川県川崎市)は、次世代移動通信システム「5G」に向けて、ミリ波ビーム多重化によるマルチアクセスを実現したことを発表した。この技術によって、複数のユーザーが同時に大容量通信を行っても、速度低下を最小限に抑えることが可能となる。

従来、多数のユーザーが同時に通信すると互いの電波が干渉するため、時間や周波数を分割して使う必要があり、通信速度が低下するという課題があった。しかし、同社は今回、60GHzのミリ波帯において、複数のアンテナ素子を並べたアレーアンテナによるビーム形成時に発生する目的方向外の電波を従来の5分の1に低減する技術を開発した。

開発技術で細い電波ビームを多重化することで、多数のユーザーが同時に通信を行っても互いに干渉せず通信ができ、大容量通信時の速度低下を最小限に抑えることが可能となる。富士通研究所の社内実験では、4本のミリ波ビームを形成することで、12Gbpsの通信速度を実現することが確認されている。


■リンク
富士通研究所

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...