[ニュース]

TGアイネット、エネルギー自由化法制を見据え「Oracle Cloud Platform」の検証を開始

2015/06/30
(火)

2015年6月30日、日本オラクル株式会社(以下:日本オラクル、東京都港区、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂)は、東京ガスグループのIT事業インフラを整備を担う、株式会社ティージー情報ネットワーク(以下、TGアイネット、東京都港区、代表取締役社長執行役員:圓角 健一)がオラクルのPlatform as a Service(以下:PaaS)である「Oracle Cloud Platform」の検証を開始したことを発表した。

東京ガスグループでは、約1,100万件の顧客情報を管理する顧客データベースを中心に、契約や利用料金の管理、請求システム、顧客対応システムなどが稼働している。その複雑かつ増大する大規模なシステムにおいて、障害リスクへの対応、エネルギー自由化に代表される法制への対応など、システム疎結合や再構築をTGアイネットが中心となって進めている。

TGアイネットは、東京ガスグループのシステムに対する取り組みの一環として、オラクルの「Oracle Cloud Platform」製品群のなかから、エンタープライズ環境向けアプリケーション実行基盤「Oracle WebLogic Server」をクラウド・サービスとして提供する「Oracle Java Cloud Service」、ならびに「Oracle Database Server」をクラウド・サービスとして提供する「Oracle Database Cloud Service」の検証を開始した。これらのクラウド・サービスを活用することで、システム開発環境の構築時間の短縮、コストの削減を見込むと同時に、システムの品質向上の実現を目指す。


■リンク
TGアイネット
日本オラクル

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...