[ニュース]

フォルクスワーゲン、同社初のPHEV「Golf GTE」を販売開始

2015/09/08
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2015年9月8日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(以下:VGJ、愛知県豊橋市、代表取締役:スヴェン シュタイン)は、コンパクトカーのベストセラーモデルである「Golf」をベースにしたプラグインハイブリッド(PHEV:Plug-in Hybrid Electric Vehicle)モデルの「Golf GTE」を全国のフォルクスワーゲン正規販売店で発売することを発表した。
 写真1 「Golf GTE」外観イメージ

「Golf  GTE」は、自動車の電動化に向けた技術革新のロードマップを視野に入れながら、フォルクスワーゲン独自の環境戦略に基づいて開発した同社初のPHEVとなる。全国希望小売価格(税込)は499万円となり、車両の購入に際しては、最大38万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費※1が適用される。
 写真2 充電イメージ

 写真3 車両充電ポート部イメージ

同車のパワートレインは、1.4リッターのTSI※2エンジンと電気モーターを内蔵した6速DSG※3で構成され、駆動用バッテリーは、外部からの充電が可能なエネルギー容量8.7kWhのリチウムイオンバッテリーを採用している。この構成によって、ゼロエミッションの電気自動車として走る「E」モード、エンジンと電気モーターを効率よく駆動して走る「ハイブリッド」モード、そして、パワフルでスポーティな走りを提供する「GTE」モードという3つのドライブモードがあり、ドライバーは各モードを自由に選択して走ることができる。

走行面では、電気モーターだけで最長53.1km※4走ることが可能になり、さらに「E」モードでは、最高時速130km※5まで電気モーターによる加速を提供し、巡航も可能※5なスポーツ性能を有している。また、「ハイブリッド」モードでは、23.8km/L※4の燃費効率を実現する。


※1 詳細は「一般社団法人 次世代自動車振興センター」を参照。

※2 TSI:Turbocharged Stratified Injectionの略。フォルクスワーゲン社が開発したガソリン直噴エンジンにツインチャージャーやターボチャージャーを組み合わせたもの。

※3 DSG:Dual Clutch Gear Boxの略。フォルクスワーゲン社の名称。

※4 国土交通省審査値

※5 欧州測定値

■リンク
VGJ

 

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...