[ニュース]

伊藤忠商事、Liquid社と資本業務提携し、フィンテック分野を強化

2015/12/25
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2015年12月25日、伊藤忠商事株式会社(以下:伊藤忠、東京都港区、代表取締役社長:岡藤 正広)は、生体認証による本人認証・決済サービスを手がける株式会社Liquid(以下:Liquid、東京都千代田区。代表取締役:久田 康弘。)の第三者割当による株式を取得するとともに、業務提携を行い、キャッシュ・カードレスの認証市場へ参入することを発表した。

同業提携先であるLiquidは、生体情報にフォーカスした画像解析技術に加え、機械学習を利用したビックデータ解析技術により、高速処理を可能とする認証アルゴリズムを独自開発し、生体認証のみでの本人認証・決済サービスを提供するなど、次世代の社会インフラを支えるサービスを展開している。

今後、伊藤忠では、クレジット・プリペイド・ポイントなど個人のカード保有枚数の増加、東京オリンピック・パラリンピックなどによる、観光事業をはじめとした「決済」需要の高まり、ネットの情報漏洩リスクの高まりに伴うユニークパスワードの増加とその管理、スマートフォン端末の指紋認証普及に伴う生体データ提供の心理的ハードル低下など、昨今の社会環境の変化を踏まえ、日本をはじめとして、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、中国、台湾などのアジア各国で、リテイル・エンタメ・金融・医療・スマートシティなどの市場に対して、Liquidのサービスの普及促進を目指し、マーケティング支援・システム開発・販売活動を行っていく。

■リンク
伊藤忠
Liquid

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...