[ニュース]

JXエネルギー、横浜IKEA港北水素ステーションを開所

2016/02/23
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年2月23日、JXエネルギー株式会社(以下:JXエネルギー、東京都千代田区、代表取締役社長:杉森 務)は、横浜IKEA港北水素ステーションを開所したことを発表した。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40ヵ所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めており、これまで、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、福岡県に17ヵ所の水素ステーションを順次開所し、水素販売を開始している。横浜IKEA港北水素ステーションの開所で、合計18ヵ所となる。
 写真 横浜IKEA港北水素ステーション イメージ

横浜IKEA港北水素ステーションの概要

開所日 2016年2月23日
所在地 神奈川県横浜市都筑区折本町201-1
運営者 株式会社ENEOS水素サプライ&サービス
供給方式 移動式
充填圧力※1 70MPa(メガパスカル)
充填時間※2 約3分間
営業日 火曜日・木曜日
営業時間 11:00~13:00

 


※1 現在販売されている燃料電池自動車に搭載のタンク使用圧力に対応したもの。

※2 国際標準規格に基づく70MPa(満タン)までの充填時間。

■リンク
JXエネルギー

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...