[ニュース]

出光興産、大分県に地熱バイナリー発電所を建設開始

2016/03/01
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年3月1日、出光興産株式会社(以下:出光興産、東京都千代田区、代表取締役社長:月岡 隆)は、100%子会社である出光大分地熱株式会社(以下:出光大分地熱:大分県玖珠郡、社長:竹中 照雄) 滝上事業所において、バイナリー発電所※1の建設を開始したことを発表した。

出光大分地熱 滝上事業所は、1996年の九州電力株式会社(以下:九州電力)滝上発電所の操業開始以来、出力25,000キロワットに相当する発電用蒸気を供給してきた。その後、2010年6月の九州電力による27,500キロワットへの出力増強にも対応し、19年間にわたり国内トップクラスの高い設備利用率の維持に貢献している。

出光大分地熱では、同敷地内にバイナリー発電所の建設工事に着手し、2017年3月の運転開始を目指す。完成後の発電容量は5,050キロワットであり、国内で最大級のバイナリー発電所となる。
 写真 「滝上バイナリー発電所」完成予想図

滝上バイナリー発電所の概要

名称 滝上バイナリー発電所
所在地 大分県玖珠郡九重町大字野上3330-152(生産1号基地内)
発電容量 5,050kW(出力)
年間発電規模 31百万kWh
事業内容 地熱発電事業(再生可能エネルギー固定価格買取制度活用※2)
稼働予定 2017年3月

※1 バイナリー発電:低沸点媒体を用いることで、従来の地熱発電では活用できなかった低温の蒸気・熱水での発電を可能にする発電方式。

※2 資源エネルギー庁「なっとく!再生可能エネルギー」 参照

■リンク
出光興産

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...