[ニュース]

三菱電機、九州電力に大容量蓄電システム実証試験設備を納入

2016/03/03
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2016年3月3日、三菱電機株式会社(以下:三菱電機、東京都千代田区、執行役社長:柵山 正樹)は、九州電力株式会社(以下:九州電力、福岡市中央区、代表取締役社長:瓜生 道明)に世界最大級※1となる出力5万キロワット・容量30万キロワット時※2の大容量蓄電システムを納入したことを発表した。

同蓄電システムは、同日に全設備の運用を開始した九州電力株式会社の「大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業」※3の一環として、豊前発電所構内(福岡県豊前市)に設置したものとなる。
 写真1 九州電力株式会社 豊前蓄電池変電所「大容量蓄電システム」

 写真2 蓄電池(2段積みシステム)

システムの特長

  1. 揚水発電設備と同等の電力貯蔵機能を持ち、再生可能エネルギー大量導入時の需給バランスの改善を実現。
     
  2. 三菱電機の蓄電池監視制御システム「BLEnDerRE」で多数の蓄電池をユニットごとに監視制御することにより、効率的に全体を制御し、蓄電システムの運転効率を向上。
     
  3. 蓄電池をコンテナ型コンパクト構造(2段積み、写真2参照)とし、省スペース化および設置期間の短縮と工事費用の削減を実現。

システム構成

蓄電池監視制御システム 「BLEnDerRE」をベースに効率的な蓄電池制御を実現
NAS電池(ナトリウム・硫黄) 出力5万キロワット・容量30万キロワット時、(約100m×約140m:面積約14,000m2)、コンテナ型252台(200キロワットコンテナ4台×63台)〔日本ガイシ株式会社製〕
パワーコンディショナー 800キロワット×63台
受変電設備 66/6.6kV 変圧器×2台、6.6kV受変電設備

再生可能エネルギー導入の拡大が進む中、本工事や長崎県壱岐等の離島における蓄電池制御実証試験設備の納入で培った豊富な技術力を活かし、国内外での電力の安定供給に貢献していく。


※1 2016年3月3日現在 三菱電機調べ

※2 一般家庭約3万戸分の1日の使用電力量に相当

※3 一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会が公募した「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金(大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業)」において、九州電力株式会社が採択されたもの

■リンク
三菱電機
九州電力

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...