[ニュース]

カスペルスキー、総合行政ネットワークを通じた定義データベース配信サービスを開始

2016/04/05
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年4月5日、株式会社カスペルスキー(以下:カスペルスキー、東京都千代田区、代表取締役社長:川合 林太郎)は、法人向けセキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security for Business」の定義データベース配信サービス※1を、総合行政ネットワーク(以下:LGWAN)上で4月28日より開始することを発表した。

LGWANは地方公共団体の組織内ネットワークを相互接続する行政専用のネットワークで、カスペルスキーはセキュリティ製品ベンダーとして初めて、LGWAN-ASPサービスとしてLGWANに接続されたPCやサーバーに直接定義データベースを配信する。

サービス提供開始の背景
行政機関におけるマイナンバー制度の運用開始に伴い、総務省が示す「自治体情報システム強靭性向上モデル」に基づくセキュリティ対策として、LGWANを活用する業務システムはインターネットからの分離が求められている。これにより、既存のセキュリティ製品の定義データベースを最新の状態で使用するためには、LGWAN上での定義データベースの配信が必須となっている。(図参照)
 

カスペルスキーのASP型定義配信サービスの特長
LGWAN上で「Kaspersky Endpoint Security for Business」を利用している全てのPC、サーバーを対象とし定義データベースを配信することで、自治体のIT管理者がインターネットから取得した定義を手動で取り込んだり、セキュリティ製品の販売会社がLGWAN-ASPを構築するといった対応が不要となる。これにより、運用管理の負荷軽減やコスト削減に貢献する。

また、定義データベースの配信には、いわゆるパターンマッチング用の定義だけでなく、ヒューリスティック定義や振る舞い検知用の情報、および脆弱性レポートで使用するOSやアプリケーションの脆弱性情報も含まれるため、「Kaspersky Endpoint Security for Business」を導入することで、セキュリティレベルをさらに強化することも可能である。


※1 Kaspersky Systems Managementでのパッチ配信機能は対象外となる。

■リンク
カスペルスキー

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...