[ニュース]

IPA、ランサムウェア感染を狙った攻撃に注意喚起

2016/04/13
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2016年4月13日、独立行政法人情報処理推進機構(以下:IPA、理事長:富田 達夫)は、2016年3月から同機構の安心相談窓口に、「ランサムウェア※1に感染した」という相談が急増し、4月に入っても相談が相次いでいることから注意喚起をおこなった。

IPAの安心相談窓口にランサムウェアに関する相談が1月に11件、2月に17件寄せられましたが3月には96件※2と急増した。これら3ヶ月の相談件数のうち、被害があったという相談は全体の約88%を占める。(図参照)
 図 ランサムウェアに関する相談の月別推移(2016年1月~3月)

相談の多くは「受信したメールの添付ファイルを開いてしまったことでファイルが暗号化された」というものでした。また、4月以降も同様の相談が相次いで寄せられていること、4/6(水)にランサムウェア感染が目的と考えられる「ばらまき型メール」の相談と情報提供も寄せられたことから注意喚起をおこなった。

事例、対策などについてはリンクを参照。


※1 ランサムウェア:マルウェア(悪意のあるソフトウェア)の一種。ユーザーのデータを「人質」にとり、データの回復のために「身代金」(何らかの対価)を要求する特徴を持つ。

※2 96件のうち23件はAndroid端末のランサムウェアに関する相談

■リンク
IPA

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...