[ニュース]

カスペルスキー、法人向け「カスペルスキー セキュリティインテリジェンスサービス」を発表

2016/04/20
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2016年4月20日、株式会社カスペルスキー(以下:カスペルスキー、東京都千代田区、代表取締役社長:川合 林太郎)は、サイバー攻撃に対する4つの新たなアプローチを可能にする「カスペルスキー セキュリティインテリジェンスサービス」を発表した。

同サービスは、Kaspersky Labがこれまでに蓄積してきたセキュリティインテリジェンスに基づき全世界で展開する8種類のサービスに、日本国内の需要に合わせて開発した3種類のサービスを加えた計11種類のサービスで構成される。法人を対象とし、パートナー企業経由での販売となる。

カスペルスキー セキュリティインテリジェンスサービス」各サービスの位置づけと概要

  1. リスクの予見
    ・インテリジェンスレポートサービス:カスペルスキーが発見した最新の標的型攻撃に関する調査・解析情報を提供。
    ・個別インテリジェンスレポートサービス:顧客・業界個別にサイバー攻撃、標的型攻撃に対するリスクを評価し、レポートを提供。
    ・セキュリティアセスメントサービス:Webサイト、インターネットサービス、重要インフラシステムや開発アプリケーションの脆弱性を評価し、レポートを提供。
     
  2. インシデントへの対処
    ・マルウェア緊急対応判定サービス:顧客が不審に感じたWebサイトやメール添付ファイルなどの簡易解析を実施し、推奨する初動対応のレポートを提供。
    ・インシデントレスポンスサービス:インシデント発生時にいち早くビジネスを復旧させるため、初動対応から再発防止策の提案までのインシデント対応支援を提供。
    ・マルウェア解析サービス:インシデント調査で特定されたマルウェアの詳細解析を実施し、レポートを提供。
     
  3. 攻撃の発見
    ・脅威データベース提供サービス:標的型攻撃の検知を可能にするインテリジェンスデータを提供。
    ・サイバー攻撃アラートサービス:オンラインバンク、オンライン取引を狙ったサイバー攻撃を検知し、アラートとレポートを提供。
     
  4. セキュリティ教育
    ・サイバーセキュリティトレーニング:インシデント調査に必要なフォレンジックやマルウェア解析の技術習得を目的とした、セキュリティ技術者、CSIRT担当者向けのトレーニング。
    ・インシデントレスポンストレーニング:インシデントへの備えや初動対応を中心とした、セキュリティ技術者および管理者向けのトレーニング。
    ・サイバー演習:経営陣や従業員のセキュリティリテラシー向上を目的としたゲーム形式の演習。

※ 日本独自のサービス

■リンク
カスペルスキー

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...