[ニュース]

東芝、横浜市港湾局向け自立型水素エネルギー供給システムの運転を開始

2016/04/21
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2016年4月21日、株式会社東芝(以下:東芝、東京都港区、代表執行役社長:室町 正志)は、東芝横浜市港湾局向け自立型水素エネルギー供給システム「H2One」の運転を開始したことを発表した。

「H2One」は、東芝独自の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS」により、水素を活用して電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給となり、BCP対策向けに展開されている。
 写真 システム外観

今回の運転開始は、自治体としての初の事例とな、災害時にライフラインが寸断された場合でも、平常時にタンクに貯めておいた水素を燃料電池で発電し、情報収集等に必要な72時間分の電力を防災センターに供給することを可能にする。平常時には、事務所棟内の電力として利用され、電力のピークシフトおよびピークカットにも貢献する。

システム仕様

最大発電出力 25kW
水素貯蔵量 104Nm3
供給電力量 69kWh以上

東芝は、引き続き、BCP対策の他、リゾートや離島、事業所など向けに多様なニーズに対応する「H2One」を展開し、再生可能エネルギーを水素によって最大限利活用できる次世代の水素社会の実現を目指す。


※ 事業継続計画 Business Continuity Plan:事業継続計画

■リンク
東芝

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...