[ニュース]

東芝エネルギーソリューション、自立型水素エネルギー供給システム「H2One」の車載モデルを開発

2016/04/25
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2016年4月25日、株式会社東芝 エネルギーシステムソリューション社(以下:東芝エネルギーソリューション、川崎市幸区、カンパニー社長:志賀 重範)は、自立型水素エネルギー供給システム「H2One」の新モデルとして、従来の定置モデルからさらに小型化することで機動性を高め、災害時等の迅速なエネルギー供給を実現する車載モデルを開発したことを発表した。
 写真 システム外観

同車載モデルは、4トントラック2台で構成されており、トラックには水素製造装置、水素貯蔵タンク、蓄電池、純水素燃料電池を搭載している。水素貯蔵タンクには、水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を採用し、従来の「H2One」BCPモデルの貯蔵能力を維持しながらも小型化することで、機動性を高め、災害時には被災地に短時間で移動し、電気とお湯の供給を行う電源車として活用できる。また、騒音や振動がほとんど発生しない純水素燃料電池で発電するため、夜間の使用にも適している。

「H2One」は、当社独自の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS」により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システムである。「H2One」のラインアップに車載モデルを加えることで、広範な電力供給のニーズに対応する。

◆システム仕様

水素貯蔵量 250Nm3
発電出力 19kWe
電力貯蔵量 422kWeh
 

同社は引き続き、水素の製造、貯蔵、利活用まで、それぞれのシーンで効率的なエネルギーの供給に貢献する水素関連技術・製品の開発を進めていく。


※ BCP:事業継続計画 Business Continuity Plan の略

■リンク
東芝エネルギーソリューション

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...