[ニュース]

NEC、自社本社ビルで顔認証を活用した決済サービスの実証実験を実施

2016/06/21
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年6月21日、日本電気株式会社(以下:NEC、東京都港区、執行役員社長 兼 CEO:新野 隆)は、生体認証技術を活用し、決済等の様々なサービスにおける本人確認の確実性・利便性を向上させる機能の提供を準備しており、その一環として、顔認証を活用した決済サービスの実証実験を同社本社ビルの売店で2016年6月下旬から8月下旬まで実施することを発表した。

同実証実験は、2016年4月からNEC本社ビルで実施中の「ウォークスルー顔認証システム」の大規模実証実験に続く自社内での生体認証技術を活用した実証実験の第2弾となる。ウォークスルー顔認証システムの実証実験に参加するグループ社員を対象におこなわれる。
顔認証を活用した決済サービスは、高認証精度を有するNECの顔認証エンジン「NeoFace」を活用し、事前に撮影・登録した社員の顔画像と、POS端末の近くに設置したカメラで撮影する顔画像を照合して本人確認を行うもので、売店での商品購入時におけるキャッシュレス・カードレスの決済を可能とする。

NECは、実証実験において実店舗を想定した様々な運用条件(カメラの種類、設置位置、照明、セキュリティと利便性のバランス等)での認証性能や運用負荷を検証・改善することで、実用化に向けた技術性能向上や運用ノウハウ蓄積を図る。


■リンク
NEC

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...