[ニュース]

日立システムズ、IoT・M2M環境を短期間・低コストで提供するクラウド型のプラットフォームサービスを販売

2016/07/25
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2016年7月25日、株式会社日立システムズ(以下:日立システムズ、東京都品川区、代表取締役 取締役社長:北野 昌宏)は、M2M環境の導入を支援する「NETFORWARD M2Mサービス」のラインアップを拡充し、遠隔地に点在する装置からデータを収集・蓄積するとともに、装置の遠隔稼働監視や制御を行えるIoT・M2M環境を短期間・低コストで提供するクラウド型のプラットフォームサービスを販売開始することを発表した。

今回新たに開始するプラットフォームサービスは、PTC社の「ThingWorx」の機能をクラウド型で提供するサービスとなりで、管理対象装置が少ない場合でも初期費用をかけることなく、短期間で利用開始できる。また、利用開始後にビジネスが拡大して管理対象装置が増加した場合でも、迅速に拡張することが可能となる。
 図 サービス概要

日立システムズが提供している「NETFORWAD M2Mサービス」はこれまでIoT・M2M環境向けのネットワーク提供が中心のサービスであったが、今回のプラットフォームサービスの拡充によりIoT・M2M環境に必要な装置へのセンサー導入からデータの収集・管理、センサーやネットワークを含むシステムの監視・運用サービスまでをワンストップで提供することが可能となった。


■リンク
日立システムズ

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...