[ニュース]

NECとネポン、農業ICTクラウドサービスの機能を強化

2016/07/26
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年7月26日、日本電気株式会社(以下:NEC、東京都港区、代表取締役執行役員社長兼CEO:新野 隆)とネポン株式会社(以下:ネポン、東京都渋谷区、代表取締役社長:福田 晴久)は、農業ICTクラウドサービス機能の強化を発表した。

今回の機能強化では、ハウス内に設置したセンサー間の関係性の把握や過去のセンサー情報との比較などが容易な環境センサー画面の提供をはじめ、サービスで提供する各種機能の画面を全面的に刷新し、視認性・操作性を向上させた。また、病害虫の発生原因となる高温多湿状態の警報機能を提供する。
 図 画面イメージ

M2M技術を利用したソリューション「CONNEXIVE」を提供するNECと、温室用温風暖房機メーカーであるネポンは、センサーやネットワークなどを利用して農地データの見える化やコミュニケーションを実現する農業ICTクラウドサービス(ネポンブランド名:アグリネット)を提供している。同サービスは、2012年5月の提供開始から現在までに1,600以上の農家への提供実績がある。

機能強化のポイント

  1. 環境センサー画面など各種機能の画面デザインを全面刷新
    サービスで提供する各種機能の画面をより使いやすく、親しみやすいデザインに全面的に刷新。特に環境センサー画面は、ハウス内に設置したセンサー(温度、湿度、炭酸ガス濃度、日射など)の情報を直感的に分かりやすく把握でき、かつ操作性に優れた画面に刷新。これにより、センサー間の関係性の把握や過去のセンサー情報との比較などが容易となり、生産者や管理者による環境状態の把握を支援。
     
  2. 病害虫の原因となる高温多湿状態の警報機能を提供
    病害虫の発生原因となる高温多湿状態が継続した際に、生産者に警報を出す機能を提供。これにより、病害虫の発生を抑え生産量や品質の向上に貢献。

■リンク
NEC
ネポン

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...