[ニュース]

カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品を発売

2016/08/24
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2016年8月24日、株式会社カスペルスキー(以下:カスペルスキー、東京都千代田区、代表取締役社長:川合 林太郎)は、仮想化環境向けセキュリティの新製品「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Light Agent Service Pack1」を販売開始することを発表した。

同製品は、企業で運用しているデータセンターやクラウドサービスベンダーなど仮想化環境を利用している法人を対象とし、パートナー企業経由で販売される。販売価格は最小構成の1CPUあたり160,000円(税別)~※1となる。

Kaspersky Security for Virtualization Light Agentは、軽量でシステムリソースの消費を最小限に抑えたソフトウェアエージェントである「Light Agent」とセキュリティ仮想マシン(SVM)の組み合わせにより、仮想サーバーや仮想デスクトップ環境(VDI)のパフォーマンスを損なわずに高度な保護を実現する製品となる。
 図 Kaspersky Security for Virtualization Light Agentの構成

セルフモニタリング機能を搭載しており、SVMに障害が発生した場合はプロセスの自動再起動や他のハイパーバイザー上で稼働中のSVMに接続先を自動変更するなどの耐障害性にも優れ、仮想化環境の利用者に高いサービスレベルを提供することが可能になる。また、仮想マシンはPC、サーバーやモバイル端末を一元管理するツール「Kaspersky Security Center」※2の管理対象となるため、複数のハイパーバイザーに対してSVMの同時導入や一貫したセキュリティポリシーの適用など、運用の効率化によるシステム管理者の負荷軽減が可能になり、大規模で複雑なデータセンターの運用管理を容易にする。

「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Light Agent」の特長

  • 仮想化環境のセキュリティに求められるアンチウイルス、未知の脆弱性対策、ネットワーク攻撃対策などを始めとする包括的な保護を提供。
     
  • 仮想マシンには、軽量でシステムリソースの消費を最小限に抑えたソフトウェアエージェント(Light Agent)を導入するのみで機能する。また、複数のハイパーバイザーにSVMを同時に配置することができる。
     
  • 定義データベースの更新はSVMにのみ行われる。これにより、アンチマルウェア機能によるアップデートストーム/スキャンストーム※3の発生を防ぎ、パフォーマンスの低下を抑制する。
     
  • SVMの定義データベースは常に最新版に更新されているため、仮想マシン間で定義データベースに差異が生じるインスタント・オン・ギャップが解消し、仮想マシンを最新の保護状態に保つ。
     
  • SVMに異常が発生した場合はセルフモニタリング機能が働き、自動でSVM内の該当するプロセスの再起動を試みる。異常が解消せずにSVMと仮想マシン間との通信が遮断された場合は、仮想マシン上のLight Agentが他のハイパーバイザー上で稼働しているSVMに自動で接続するため、保護機能が中断されることなく安定したセキュリティシステムの運用を維持する。
     
  • 仮想マシンが追加された場合は、瞬時にSVMに自動接続し保護の対象になる。システム管理者によるセキュリティの設定や配置作業などが軽減し、作業効率が向上する。
     
  • VMware vSphere、Microsoft Hyper-Vのハイパーバイザーをサポート。※4
     
  • Kaspersky Security Network(KSN)※5と連動して最新の脅威情報を利用し、ゼロデイ攻撃などの最新の脅威から仮想化環境を保護。
     

※1 新規で1年、1ライセンスの場合。ライセンス対象はCPU数。Kaspersky Security for Virtualization Light Agentは、Kaspersky Security for Virtualizationのライセンスに含むす。同ライセンスに含まれるその他のアプリケーションは、Kaspersky Security for Virtualization Agentless、Kaspersky Security Center。

※2 Kaspersky Security Center:マルチプラットフォーム(PC、サーバー、モバイル、および仮想化環境)のセキュリティを一元管理するためのツール。

※3 アップデートストーム/スキャンストーム:複数の仮想マシン上で同時にスキャンや定義データベースの更新が発生することでシステム負荷が高まり、パフォーマンスに大きな影響を及ぼすことがある。

※4 Microsoft Hyper-Vは、2016年11月以降にサポート予定。

※5 Kaspersky Security Network(KSN):KSNはクラウドベースのアンチウイルスネットワークである。世界中のカスペルスキー製品ユーザーのデバイスから収集されたリアルタイムの脅威情報をもとに最新のウイルスや脅威に迅速に対応し、KSNに接続されたデバイスを保護する。KSNには全世界で数百万のユーザーが参加しており、すべての情報はユーザーの同意を得て収集されている。

■リンク
カスペルスキー

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...