[ニュース]

トッパンフォームズ、エネルギー事業者向けWebサイト構築・運営支援サービスを提供開始

2016/08/29
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2016年8月29日、トッパン・フォームズ株式会社(以下:トッパンフォームズ、東京都港区、代表取締役社長:坂田 甲一)は、エネルギー事業者向けWebポータルサイト構築・運営支援サービス「エネフォームズ」の提供を開始することを発表した。

同「エネフォームズ」は、エネルギー事業者が提供するWebポータルサイトに必要なメニューである、申し込みフォームや料金プランシミュレーションなどを基本機能として備える。またデータセンターのプラットフォームを活用することででサーバー開発工程が簡素化され、低価格かつ短期間での構築が可能になる。
 図 ポータルサイト構築イメージ

「エネフォームズ」特徴

「エネフォームズ」は、エネルギー事業者の顧客向けWebポータルサイト構築・運用サービス。構築するWebサイトは、新規顧客の獲得を目的としたポータルサイトと既存顧客の維持・囲い込みのための会員専用サイトの2つで構成され、あらゆるステージの顧客コミュニケーションを実現する。
また、運用担当者向けにはサポート機能として、コンテンツマネジメントシステム(CMS)や、サイト常駐型AIチャットサービスによる問い合わせ対応などの機能を付加することで、簡単なサイト管理・更新を支援する。
サービス価格は、最小構成で初期費用500万円(税別)、保守・運用費用は月額150万円(税別)、構築日数は約1.5ヵ月となる。

エネルギー事業者の顧客向けWebサイトのスムーズな立ち上げを実現し、Webサイトを活用した効果的なプロモーション活動の創出に貢献する。


※ カスタマイズ内容によって、構築の費用・日数が変動するため、詳細は別途見積。 

■リンク
トッパンフォームズ

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...