[ニュース]

中部電力、ガス小売事業の登録申請し2017年1月からの受付開始を目指す

2016/09/13
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年9月13日、中部電力株式会社(以下:中部電力、名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲)は、改正ガス事業法に基づき、経済産業大臣にガス小売事業の登録申請を行ったことを発表した。

同社は、2001年から大規模工場向け等に自社の導管を活用した天然ガス販売事業を開始し、段階的にガス事業を強化・拡大している。(2015年度ガス・LNG販売実績97万トン)
家庭等へのガス小売事業については、まずは、東邦ガス株式会社の供給区域で都市ガスを利用の顧客を対象に展開を予定する。
また、2017年1月からの受付開始を目指し、安価で分かりやすいガス料金メニューを検討していく。


※ 家庭等へのガス小売事業とは、一般家庭および飲食店などガス使用量が年間10万m3未満の顧客を対象とする。

■リンク
中部電力

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...