[ニュース]

総務省、「分散型エネルギーインフラプロジェクト」マスタープラン策定の委託予定団体を決定

2016/10/07
(金)
SmartGridニューズレター編集部

総務省は「分散型エネルギーインフラプロジェクト」のマスタープラン作成を委託する団体を決定し、発表した。

2016年10月7日、総務省は「分散型エネルギーインフラプロジェクト」のマスタープラン作成を委託する団体を決定し、発表した。このプロジェクトはバイオマス、風力、地熱などの地域の特性を生かしたエネルギー事業の計画を地方公共団体を対象にして募集するもの。募集に当たって総務省は、地域で最適といえるエネルギー源を確保し、最大の効率で供給するシステムを構築することや、熱と電気を融通、需給調整するエネルギーマネジメントシステムの構築を求めている。

総務省は2014年度から、この事業計画を募集しており、2014年度と2015年度にはそれぞれ14団体に委託している。2016年度は11団体が委託を受けた。委託を受けた団体は総務省から資金供給を受けることになる。総務省は資金供給を受けた団体が事業化のための調査をして、事業化が可能な段階まで計画を進めることを期待している。さらに、事業化が現実のものになり、地域エネルギー産業が立ち上がることや、雇用が発生することなど、地域経済が活性化することを狙っている。

2016年度の委託予定団体は以下の表の通り。

団体名 事業名 委託予定額 (単位:千円)
1 北海道 弟子屈町 地熱資源を活用した「弟子屈・ジオ・エネルギー事業」 マスタープラン策定 24,000
2 福島県 喜多方市 (他12市町村) 「森林資源~林業の都合で木材需要デザインへ・・礎となる熱供給事業」 -可能なインフラ整備は自治体、事業経営は民間の役割分担で普及加速化- 40,000
3 茨城県 つくば市 分散型エネルギーインフラにより魅力的なまちを目指すつくば CEMS構想 20,000
4 岐阜県 八百津町 中山間地型水素社会の構築による100%エネルギー 自給自足のまち八百津プロジェクト 24,000
5 京都府 城陽市 京都府南部グリーン・レジリエント・スマートインフラ整備事業 25,000
6 岡山県 真庭市 ウェルネスタウン湯原・熱利用モデル構築事業 19,000
7 大分県 豊後大野市 地域バイオマスを利用した里山エネルギー循環モデル事業 (ぶんごるエネルギー) 23,000
8 宮崎県 川南町 地産バイオマスを活用した地場産業活性化による 持続可能な循環型まちづくり事業 21,000
9 熊本県 水俣市 「森・里・川・海の資源を効率的に利用する、 環境モデル都市みなまたづくり」 22,000
10 鹿児島県 出水市 出水市分散型エネルギー・ バイオガス熱電併給事業 18,000
11 沖縄県 北中城村 新しく生まれ変わる“街”への発展を 「食・エネルギー・経済循環」で持続していく 北中城村分散型エネルギーインフラプロジェクト 24,000
合計 260,000

 


■リンク
総務省

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...