[ニュース]

デンソーと東芝、自動運転の実現を目指して人工知能とその応用技術を共同開発へ

2016/10/18
(火)
SmartGridニューズレター編集部

デンソーと東芝は高度運転支援や自動運転の実現に向けて、人工知能とその応用技術を共同開発することに合意した。

デンソーと東芝は2016年10月17日、高度運転支援や自動運転の実現に向けて、人工知能とその応用技術を共同開発することに合意した。これまで両社が独自に開発してきた人工知能技術を発展させて、自動運転の実現を目指す。

共同開発する人工知能は、「Deep Neural Network-Intellectual Property」と呼ぶ、ディープラーニングの計算手法の1つ。この技術を画像認識に応用する。路上にある標識や走っている自転車、歩行者などを認識させるのだ。高度支援運転や自動運転には欠かせない技術といえるだろう。

図 実写の画像(上)と人工知能を利用して対象物を判別した様子(下)

図 実写の画像(上)と人工知能を利用して対象物を判別した様子(下)

出所 東芝

一般的なパターン認識や機械学習で画像認識を実現するには、認識すべき対象物を人の手で特徴づけて、事前に学習させる必要がある。一方、デンソーと東芝が共同開発する技術を利用すると、対象物の特徴を自動的に抽出して学習する。検知精度も飛躍的に向上するという。

デンソーは今回の共同開発で、画像センサーを利用した高性能な高度運転支援や自動運転のシステムを作ることを目指している。一方、東芝は人工知能の技術をハードウェア化し、同社の車載用画像認識プロセッサ「Viscontiシリーズ」などに実装することを目指している。プロセッサへの実装に当たっては、DSP(Digital Signal Processor)やGPU(Graphics Processing Unit)を利用したものよりも消費電力が低いものを開発することを目指している。


■リンク
デンソー
東芝

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...