[ニュース]

大阪ガス、天然ガスを燃料とするタンクローリーを日本で初めて導入

2016/10/19
(水)
SmartGridニューズレター編集部

大阪ガスは圧縮天然ガス(Compressed Natural Gas:CNG)を燃料とするタンクローリーをの運用を11月から始める。

大阪ガスは2016年10月19日、圧縮天然ガス(Compressed Natural Gas:CNG)を燃料とするタンクローリーをの運用を11月から始めると発表した。CNGを燃料としたタンクローリーの運用は日本初。

図 大阪ガスが運用を始めるCNGタンクローリー

図 大阪ガスが運用を始めるCNGタンクローリー

出所 大阪ガス

このタンクローリーはいすゞが2015年12月に発売した「ギガCNG車」をベースとしている。1回ガス充填でおよそ400kmの連続走行が可能。軽油を燃料としたディーゼルエンジンのタンクローリーと比べるとCO2排出量をおよそ7%削減できるという。

また、タンクローリーの燃料としてCNGを加えることで、軽油だけに頼っていたタンクローリーの燃料として、新しい選択肢を加えることになる。大阪ガスは燃料の多様化により、タンクローリーの安定運行に寄与すると考えている。

今回導入するタンクローリーは1台。CNGタンクローリーの導入と運用は、環境省の補助金「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素価値向上に向けた社会システム)」の対象事業となっている。

大阪ガスはCNGタンクローリーの運用実績を評価して、既存のディーゼル車との入れ替えを検討するとしている。


■リンク
大阪ガス

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...