[ニュース]

Wi-SUNとBルートを利用するHEMSサービス、J:COMが提供へ

2016/11/11
(金)
SmartGridニューズレター編集部

ジュピターテレコムは、HEMS(Home Energy Management System)サービス「エコレポ ホーム」を発表した。

ジュピターテレコム(J:COM)は2016年11月11日、HEMS(Home Energy Management System)サービス「エコレポ ホーム」を発表した。11月17日から提供を始める。J:COMのインターネット接続サービス「J:COM NET」加入者向けに提供するもので、戸建て住宅だけでなく、集合住宅の各世帯でも利用できる。

このサービスの特徴は電力会社が設置したスマートメーターから「Bルート」を通して電力消費量データを取得する点にある。Bルートの通信には「Wi-SUN」を利用する。スマートメータとWi-SUNで通信するゲートウェイとなる機器はJ:COMが貸し出す。サービス利用を申し込むと、エンジニアがその世帯を訪問し、ゲートウェイを設置し設定と配線をする。

スマートメーターのBルートを利用するプラン「エコレポ ホーム ライト」では、世帯全体の電力使用量をつかむことができる。スマートメーターからデータを受け取ったゲートウェイは、LANで接続しているモデムを経由してインターネット上のサーバーにデータを送る。ユーザーはタブレットなどの機器でWebサイトを開けば、電力使用量と電気代を確認することができる。

図 エコレポ ホームの機器構成例

図 エコレポ ホームの機器構成例

出所 ジュピターテレコム

スマートメーターを利用しないプラン「エコレポ ホーム プレミアム」も提供する。このプランでは、電気メーターではなく、世帯にある配電盤にセンサーを取り付ける。センサーはWi-SUNでゲートウェイと通信し、ゲートウェイはLANでつながったモデムを通してインターネット上にサーバーにデータを送る。Webサイトで電力消費量を確認できる点はエコレポ ホーム ライトと同じだ。ただし、プレミアムには世帯全体の電力使用量だけでなく、部屋ごとの電力使用量を検知して表示する機能も持っている。

図 エコレポ ホームの表示画面イメージ

図 エコレポ ホームの表示画面イメージ

出所 ジュピターテレコム

どちらのプランにも共通する機能として、「もしもの時の安心見守りメール」と「電気のムダ使い見守りメール」も提供する。前者は一定の時間、電力使用量に変化がないときに、事前に登録しておいたアドレスにメールを送信する機能だ。家庭内で誰かが倒れたなどの事態を想定したものだ。後者は、電力使用量が事前に設定した目標値を超えたときに、メールを送る機能。節電を目的とした機能と言える。

利用料金(税別)はエコレポ ホーム ライトが月額380円で、エコレポ ホーム プレミアムが月額580円。


■リンク
ジュピターテレコム

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...