[ニュース]

Texas Instrumentsのマイコン評価モジュールが、業界で初めてSIGFOX日本仕様の認証を取得

2016/11/14
(月)
SmartGridニューズレター編集部

日本テキサス・インスツルメンツは、同社が販売しているマイコン評価モジュールが、SIGFOX日本仕様の認証を取得したと発表した。

日本テキサス・インスツルメンツは2016年11月14日、同社が販売しているマイコン評価モジュール「CC1310 LaunchPad」が、SIGFOX日本仕様の認証を取得したと発表した。SIGFOX日本仕様の認証を得た機器は、これが初めてとなる。CC1310 LaunchPadの価格は29ドル。京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2017年2月から、SIGFOXサービスを始めることを明らかにしている。この評価モジュールは、KCCSが提供するサービスに対応する機器の開発に役立つものと言える。

図 CC1310 LaunchPad

図 CC1310 LaunchPad

出所 日本テキサス・インスツルメンツ

CC1310 LaunchPadは、920MHz帯の無線通信機能を搭載するマイクロコントローラ(マイコン)の評価用モジュール。ボードにはマイコンのほか、機能拡張ボードを取り付けるピンが40本付いている。このピンには、Texas Instrumentsの評価モジュールに向けた機能拡張ボード「BoosterPack」を取り付けることができる。BoosterPackには、センサーを搭載したものやカラー液晶を搭載したものなどがあり、その数は80種類以上にもなる。評価モジュールとBoosterPackを活用することで、製品化前の試作品(プロトタイプ)を短期間で作ることが可能になる。

搭載するマイコン「CC1310」はARMのCortex-M3プロセッサコアを搭載したもので、920MHz帯の通信機能のほか、プログラム格納用のフラッシュメモリを内蔵している。さらに、光センサーや温度センサーなど、各種センサーを制御するコントローラーを搭載している。

日本テキサス・インスツルメンツは、この評価モジュールで動作させるプログラムの開発ツールも提供している。統合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)「Code Composer Studio」を利用することで、リアルタイムOS「TI-RTOS」で動作するプログラムを作成できる。Code Composer Studioには、各種デバイスドライバーなどが付属する。価格は298ドル。


■リンク
日本テキサス・インスツルメンツ

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...
本書『IoT&スマートグリッド用語事典』は、既刊の『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』(2012年2月発行)を大幅に改訂したものです。2011年3月11日の東日本大震災を契機に、日本では電力分...