[ニュース]

三菱自動車、小型電気自動車「ミニキャブ・ミーブ バン」を改良して再発売

2017/01/26
(木)
SmartGridニューズレター編集部

三菱自動車工業は、商用小型電気自動車「ミニキャブ・ミーブ バン」を改良して再発売した。

三菱自動車工業は2017年1月26日、商用小型電気自動車「ミニキャブ・ミーブ バン」を改良して再発売した。従来は仕様がそれぞれ異なる6グレードを用意していたが、これを3グレードに整理した。さらに、エアコンなどに改良を加えた。

図 小型電気自動車「ミニキャブ・ミーブ バン」

図 小型電気自動車「ミニキャブ・ミーブ バン」

出所 三菱自動車工業

改良点は5点。1点目は、グレードの見直し。搭載するリチウムイオン蓄電池として、蓄電容量が10.5kWhのものと、16kWhのものの2種類を用意する点は変わらないが、全高が低い「標準ルーフ」仕様を撤廃し、座席数の設定も10.5kWhのものは4席設定のみとした。この結果、従来は6グレードだったものが、3グレードとなった。

販売価格は、10.5kWhで座席数が4席のものが176万9040円(税込)。16.0kWhで座席数が2席のものが212万8680円。同じく16.0kWhで座席数が4席のものが215万280円。3グレードともエコカー減税の対象となる、取得税と重量税が免税となる。さらに、購入にあたっては「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」を利用できる。補助金の額は10.5kWhのグレードが11万5000円で、16kWhのグレードが17万6000円。

2点目は、回生ブレーキの性能低下を知らせる警告灯をダッシュボードに追加した点。搭載しているリチウムイオン蓄電池が満充電、あるいは満充電に近い状態になると、回生ブレーキの性能が低下する。この状態になると、アクセルをから足を離したときの減速度合いが弱くなる(ガソリンエンジン車で言えば、エンジンブレーキがあまり効かなくなる)ので、運転者に注意を促すために、警告灯を設置した。

図 ダッシュボードに、回生ブレーキの性能低下を知らせる警告灯を追加した

図 ダッシュボードに、回生ブレーキの性能低下を知らせる警告灯を追加した

出所 三菱自動車工業

3点目は、従来の寒冷地仕様を標準仕様とし、運転席と助手席にシートヒーターを装備した点。4点目は新しいエアコンの導入。従来のエアコンは充電中は使えなかったが、新たに充電中も使えるエアコンを導入した。さらに、メーカーオプションのキーレスエントリーシステムにエアコンのスイッチを追加した。これを利用すると、乗車前に遠隔操作でエアコンを作動させることが可能になる。5点目は、運転席、助手席の脇にある窓にパワーウインドウを投入した点。

その他の仕様は従来と変わらない。1回の充電で走行可能な距離は、蓄電池の蓄電容量が10.5kWhのグレードで100kmで、16kWhのグレードが150km。満充電までの充電時間は10.5kWhのグレードが約14時間(100V)。200V電源を利用すると約4.5時間。急速充電を利用すると約15分で80%まで充電できる。16kWhのグレードは100Vを利用すると約21時間で満充電でき、200Vを利用するとこの時間が約7時間となる。急速充電を利用すると約35分で80%まで充電できる。


■リンク
三菱自動車工業

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...